Mr.スポックのソフビフィギュアを購入



スタートレックに登場するキャラクタ「Mr.スポック」のソフビフィギュアを購入しました。箱なしの素状態です。若干の色褪せがある程度で、その他に異常はありません。



ただ1つ問題がありました。腕が曲がらないのです。



まあソフビフィギュアの特性上しょうがないのですが、個人的に満足感に欠けます。というのも、Mr.スポック、つまりバルカン人といえばこのポーズがおなじみですよね。



これはバルカン人の挨拶であり、「Live long and prosper.(長寿と繁栄を)」でおなじみのポーズなのです。これでないと、いまいちしっくり来ません。



今回はMr.スポックのソフビフィギュアの腕を曲げた状態に改造したいと思います。













改造

まずはフィギュアを洗います。お湯に中性洗剤です。



パーツをはずし、改造する腕を切断。余分な箇所を削ります。



エポパテで欠損箇所を埋めます。この際、腕の筒の中までパテを埋めます。ソフビフィギュアは柔らかいため、次の作業での腕の曲がりを防ぎます。




余計な部分を削り、整えます。



塗装下塗り。



塗装後、組み立てて完成です。
塗装はMrホビーのMrカラー、ラッカー系塗料を使用しました。



実はカーク船長もいます。






さいごに

塗装後のパーツのはめ込みには苦労しました。ドライヤーで本体を柔らかくし、塗装が剥がれないように慎重に行いました。

ソフビ用の塗料もあるようなのですが、今回は手軽に手に入るラッカー系塗料を使用。無理に擦ったりしたければ、簡単には剥がれそうにありません。とはいえあまり激しく動かすのもあれなので、彼らは観賞用です。



今回は腕を曲げてパテ埋めしただけですが、調べて見た所、ソフビ改造も奥が深そうです。フィギュアコレクターではないので扱う機会も少なそうですが、いつか扱ってみたいです。




関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください