オフライン電子辞書

海外にいる際、しばしば「英和辞書がほしいなー」と思うことがありますよね。特に洋書なんかを読んでいる時にとても必要に感じます。

今時はスマホに英和辞書アプリをいれておけば、ささっと検索ができますよね。ただ、それが海外だと話は別です。SIMを契約していなかったり、wifiがない状態だと辞書検索ができません。






ならばオフライン辞書があるではないか。
と考えるのが普通ですよね。でもオフライン辞書って収録語数が少なく、例文とか発音記号とか、そういう細かい気遣いは省かれてしまっているのです。



そんな時に便利なのが”電子辞書検索アプリ”というものです。簡単に説明しますと、”電子辞書のデータを見ることができるアプリ”のことで、電子辞書のデータさえ持っていれば、それをスマホ内でで閲覧することができる、というもの。要はスマホに辞書の内容を丸ごとぶち込んでしまえ!!ということです。

さらに便利なのが、そのアプリというのは複数の辞書を一括管理できるということ。つまり、一つのアプリで英和辞典、英英辞典、国語辞典、百科事典、家庭の医学、用語集、etc…。持っているデータの全てを検索できてしまうのです。ほんとうに便利です。






っとまあ前置きはこのくらいにして、使い方の説明をしていきたいと思います。












前置きpart2

すみません。もう少しだけ電子辞書検索アプリについて説明をいれます。



電子辞書検索アプリというものは辞書データを閲覧するためのアプリです。そのため、それそのものには辞書のデータは入っていません。つまり空っぽの状態です。しかしほとんどの電子辞書検索アプリには無料の辞書データをダウンロードできるオプションが付いているため、自身で辞書データを用意しなくても使用は可能です。



電子辞書データはEPWING/EB、CSV、PDIC、StarDict、etc…。様々な種類があります。
ただ僕はその全てに精通しているわけではないので、今回はおすすめアプリと、おすすめ辞書データについて記述していきます。






おすすめの電子辞書検索アプリ

EBDic

EBDic
参考:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.twn.ebdic&hl=ja



僕がおすすめする電子辞書検索アプリは、この”EBDic”というもの。理由は以下。
広告がない
・見た目がシンプル
・細かく画面設定、操作設定ができる
・日本語対応
・音声機能あり
・単語帳機能あり



僕がアプリを選ぶ際、第一にチェックすることは、広告の有無です。辞書なんて1画面内でどれだけの情報量が詰まっているかが大切なのに、それを広告に邪魔されるのはとてもイライラしますよね。

ちなみに、電子辞書検索アプリについて記事を書いている方は、たいてい”EBPocket for Android”というアプリをおすすめしています。しかしこちらのアプリは有料版でないと広告がでてしまうのです。ですので僕はEBDicを推します。

音声機能も地味に便利です。発音記号だけでは読み方がわかりづらい時でも、これで一発解決。ただ、すこしイントネーションが弱かったりします。発音記号と照らし合わせて使っています。






おすすめの英和辞書データ


英辞郎
参考:英辞郎 第八版(辞書データVer.141/2014年8月8日版)


僕がおすすめする英和辞書データは、”英辞郎”です。お馴染みですよね。理由は以下。
収録語数が多い
・例文がたくさんのっている



収録語数です。これに尽きます。

英辞郎を購入すると、電子辞書データの入ったCD-ROMがついてきます。そのデータをスマホに入れ、EBDicで検索をかける、という流れです。

ちなみに僕が使用しているのは”英辞郎 Ver.108″というデータです。全くもって最新のものではありません。10年近く前のデータです。やはり最新版は高いので、中古の英辞郎を買いました。購入の際は、辞書データが付属されているかをしっかりと確認しましょう。

辞書データは、著作権フリーのものがそこらへんに転がっています。しかし、これだけの収録語数をそろえた英辞郎を入れるのが、やはりおすすめです。






使用方法、設定

英辞郎のデータをフォルダのままスマホにいれます。僕はSDカード内に”Dictionary”というフォルダをつくり、その中に英辞郎フォルダを入れています。
E_Dictionary_1 E_Dictionary_2



EBDicを開き、辞書を選択します。頑張って探してください。
選択が終わると初期化の画面が表示され、その処理が終われば使えます。
E_Dictionary_3 E_Dictionary_4



画面設定や操作設定は、右上メニュー内の”設定”から変更が可能です。
E_Dictionary_7

おすすめの設定変更は以下。(全くもって個人的なものなので、好きにしてください)
・本文フォントのサイズ 26
・連続表示 いいえ(スクロールで次項目への移動を防ぐ)
・項目のフォントサイズ 30
・本文ダブルタップ ソフトキーボード(ダブルタップで検索欄に飛べる)
・画面回転 縦画面(縦画面で固定、寝ながら読書で邪魔にならない)



画面下部分の”+”マークを押せば、選択している単語を単語帳に入れることができます。

項目の単語を長押しすれば、音声を聞けます。






使用風景

さすがの英辞郎です。発音記号から始まり、品詞ごとにまとめられた表示、例文もたくさん。
E_Dictionary_5



そして何より収録語数の多さ。
通常のオフライン辞書を使っていても、確実に入ってはいないであろう”劣化ウラン弾”。(ヘルシングを読む時に使います)
E_Dictionary_6






あとがき

いかがでしょうか。英辞郎がオフラインで手軽に使えるというのは、とても便利です。

今回は英和辞書を使用しましたが、世の中にはさまざまな辞書や用語集が存在しています。著作権フリーの辞書もたくさん存在するので、興味のある方は、一度しらべてみてください。







英辞郎第8版

英辞郎第8版
価格:3,024円(税込、送料込)




関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください